LEDに関する情報をまとめていきます

明るさを出すための技術が高いLED照明

明るさを出すための技術が高いLED照明 LEDの明るさは、ルーメンという数値で求められることが多く、ランプ効率を計測するための基準にもなっています。
光源から発せられる光には、指向性が強いという特性がありますが、近年には改善される例が増えています。
カバーの部分には光拡散のための部品を装着することで、広配光にすることが可能になります。
光を上手に拡散できることで、LED照明は蛍光灯と同様の性能を保持するようになり、用途も大幅に広がりました。
直接照明として必要な明るさは、シーリング照明として設置しても確保できます。
一般電球形では、100w相当の明るさを出すことも可能になっていますから、省エネ性能は飛躍的に向上しています。
最新のLED照明は、明るさが十分でありながらも、演色性能も優れた構造となっています。
白熱電球には及ばない部分がありますが、飲食店や美容室でも使えるほどに高演色の製品も出回っています。
高効率を維持しながらも、様々な機能性を追求できるのも、長年のLED研究のおかげです。

LEDの懐中電灯は明るくて便利です

LEDの懐中電灯が比較的安価であるにも関わらず、従来の懐中電灯に比べてとっても明るくて良いですね。
様々な製品が発売されていますが、最近では100円ショップなどでも見かけることがあります。
また、従来品と比べて、コンパクトな製品が多いのも特徴です。
キーホルダー型やストラップ型の製品なども売れ筋商品としてよく紹介されています。
キーホルダー型であれば、子供などに防犯対策などを含めて持たせておくのも良いですね。
さらに、点滅パターンなどのフラッシュライトのような機能がついているものも多く、夜道などを一人で歩かなくてはいけない時などに照らしておくとちょっと安心度が高まりますね。
LEDは長寿命でも知られていますので、いざ使おうとしたら電池切れ・・・、などといった心配も不要ですし、単1などの大きな電池ではなく単3や単4、ボタン電池など家庭での常備の範囲での使用が多いので交換用電池の心配も少なく便利だと思います。