LEDに関する情報をまとめていきます

LED電球への替える時の注意点

LED電球への替える時の注意点 初期の頃と比べて徐々に安くなってきて交換しやすくなってきているLED電球ですが、今までの電球と替えるときには注意する点がいくつかあります。
 まず明るさですが、通常LED電球には明るさの目安として、lm(ルーメン)値が記されています。
この値が大きいほど明るいということなりますが、今まで使用してきた電球の明るさに合わせて変更するのが一つの目安でしょう。
一般の白熱電球の40ワットが485ルーメン、60ワットが810ルーメンくらいになります。
 また一般的には電球の口金は多くがE26かE17の回し込みタイプですので、それに合わせたものを選ぶことになります。
 今まででも電球の色あいが色々違っていたかもしれませんがLED電球も同じです。
オレンジ色っぽい電球色、白い色の昼白色、若干青みがかった昼光色などがあります。
部屋の用途などによって選んで下さい。
 今までの電球との違いに一般的なものの場合、LED電球の方が光の角度が狭くなるという点があります。
そのため使用する場所の条件によっては、光の広がりの広いものをえらぶことになります。
その他の場合、例えば階段の上につけて下だけ照らせば良いようになっている場所などは、特にそのような必要がないこともあります。
 一度に全て替える必要はなく実際にまず1つくらい変更してみて、これより明るいほうが良いなどと試しながら家の中の電球を交換していくと、失敗が少なくなります。

明るくて高効率な特徴を持つLED投光器

LED投光器は、抜群の明るさがありながらも、発光効率にも優れた照明として人気を集めています。
従来型の照明器具と比べても、明るさに遜色がないために、交換しても違和感を感じることがありません。
省エネが求められる時代にあっては、さらなる需要の増大が期待される製品です。
家庭内で使う場合には、夜間の野外作業で大活躍します。
庭で車やバイクなどのメンテナンスをする場合には、狭い部分にまで光が届きますから、夜間の作業効率も高まります。
キャンプなどのレジャーで使う場合にも、発光効率が高いことで、電池の持ちが長くなるなどのメリットを感じられます。
LED投光器の電源としては、太陽光パネルで得られた電気を使うこともあります。
この方式を導入すれば、昼間の時間帯には太陽光を吸収させて、夜間にはエネルギーを放出して照明になります。
現在では防災や防犯のために利用されることも増えて、用途も広がっています。
LED投光器の利点として、光源の寿命が長いことも重要になります。
従来の光源では定期的な交換が必要でしたが、LEDであれば数万時間にわたって使うことができます。
初期費用が割高になっても、維持費用は安くなるために、結果的には経済的に使えることになります。

豊富なLED等の専門店紹介

LED投光器・LEDベースライトなどの照明器具交換ランプ専門店

»LED投光器